経営戦略

Business Strategy

当社グループは、アクリル酸エステル製品の製造・販売を軸に事業展開をしてまいりました。

当社グループは、アクリル酸エステル製品の製造・販売を軸に事業展開をしてまいりました。  具体的には、塗料・粘接着剤・印刷インキ・合成樹脂等の原料としてのアクリル酸エステル製品を安定収益基盤とする一方、このアクリル酸エステル製品を発展的に応用展開した表示材料や半導体材料を中心とする電子材料分野を利益成長事業として強化しております。  当社グループは、これらの事業を基に、企業価値の向上ひいては株主の皆様の共同の利益の向上を実現するための経営戦略として中長期経営計画を策定し、この計画に沿い以下のような研究開発・市場開発・生産体制及び経営基盤の強化を行うことにより計画達成を目指すものであります。

中長期経営計画(2015年11月期〜2024年11月期)について

Next Stage10

10年後のありたい姿

『モノマーの設計から緻密に架橋・重合されたキーマテリアル」のグローバルニッチメーカーとして『表面修飾・配列制御』『高純度』技術により創出する新たな機能ときめ細やかな対応により、お客様のビジネスのイノベーションとオペレーションに貢献

「Next Stage 10」では2024年11月期の売上高300億円以上、営業利益30億円以上、海外売上高比率30%以上を目標に、本計画の基本方針『10年後のありたい姿に向けた基本方針』として以下の4項目を揚げ、着実に収益に結びつけるべく事業運営を図ってまいります。

  1. 既存事業における3つのNo.1実現に向けたビジネスモデルの革新
    1. ①『表面修飾 ・配列制御』『高純度』技術による機能性No.1
      顧客の課題を解決する高機能な製品を継続して開発・提案
    2. ②少量多品種と開発・生産スピードNo.1
      顧客要望にきめ細かく対応した少量多品種生産と製品開発・試作から工場生産・納入に至るまで
    3. ③一貫製造体制による顧客プロセスのソリューションNo.1
      モノマーの品揃え・技術ノウハウとモノマーからポリマーの一貫開発/製造体制をベースにした顧客プロセスのソリューション提供
  2. 新たな収益の柱となる新規事業の創出
    『表面修飾・配列制御』『高純度』技術による機能性材料の創出
  3. グローバル事業の拡大・推進
    顧客・市場環境を踏まえた事業展開の加速
  4. 経営・事業基盤の整備と強化
    トータルコストの上昇抑制、人材育成・獲得と技能伝承、効率的な組織基盤の整備

また、各事業におきましては、以下の研究開発・市場開発及び生産体制の強化を行うことにより計画達成をめざすものであります。

  1. 持続的成長のための安定収益基盤事業(化成品事業)
    コア製品であるアクリル酸エステルの市場確保を行うとともに、用途開発と需要の拡大を目指し、生産設備の合理化と集約化によりコスト競争力を強化してまいります。
  2. 安定した高収益性の事業(電子材料事業)
    現状製品の市場確保・拡大を行うとともに、フォトリソグラフィー技術を活かした高精細化加工技術への発展的貢献と次世代(表示)材料への応用展開を図ってまいります。
  3. 発展に必要な技術基盤の拡充・次期成長分野の開拓を強化する事業(機能化学品事業)
    機能性ポリマー化技術・精密有機合成技術及び精製技術の技術基盤を更に拡充し、次期成長分野の開拓を図ってまいります。

関連プレスリリース

PAGE TOP

まずはお気軽にご相談ください。お客様のニーズに合った製品・技術をご提案します。

  • 製品・技術に関するお問い合わせ
    東京オフィス
    TEL 03-6202-7051
    9:00~18:00(土・日・祝定休)
  • 企業・IRに関するお問い合わせ
    管理本部 IR・広報担当
    TEL 06-6264-5071
    9:00~18:00(土・日・祝定休)
  • フォームでのお問い合わせ

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせ先一覧はこちら