OYPM活動

Osaka Yuki Productive Maintenance

より高い品質をもつ製品、より工夫を凝らした製品づくりへの継続的な工夫と取り組み

OYPM(Osaka Yuki Productive Maintenance)活動は5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を基にした全社・全従業員が取り組む生産保全活動です。設備保全・教育訓練・品質管理を3つの核とし、創造や工夫の積み重ねから品質管理までトータルな活動を継続して実施しています。
3ム(ムリ・ムダ・ムラ)の撲滅、ロスのゼロ化とともに、モラルの向上、工程管理の容易化と正確化、情報の共有化、従業員のスキルアップなどに邁進しています。

  • 設備保全

    設備保全

    設備故障が生じると生産計画の遅延に繋がり、顧客に多大な迷惑をお掛けする事になります。その為、生産途中で設備故障が発生しないように日常の維持・管理の徹底を行っています。

  • 品質管理

    品質管理

    全社でISO9001:2008認証取得し、OYPM活動との相乗効果を図りつつ、より一層の品質向上・顧客満足度アップを目指しています。

  • 教育訓練

    教育訓練

    伝達教育 … 機器単体ごとの点検技能の習得。機器のカットモデルやワンポイントレッスンシートを使った教育をしています。
    全体教育 … 年間保安計画に沿った教育訓練。安全・品質・環境など広範囲な教育をしています。

トップ診断

年に2回(4月・10月)社長以下、役員全員が各事業所に出向き、OYPM活動の半年間の成果を視察・診断し、更に評価しております。診断結果に応じて社長表彰を実施し、全社員の日常的な改善意識の向上を図っております。

写真でみる OYPM活動ギャラリー

PAGE TOP